[9202]ANAホールディングスを100株購入しました

2019年4月10日

こんにちは、るたそです。

3月22日にANAホールディングス[9202]を100株購入しました。

ANA株での過去の失敗

私は以前ANA株が1単元1000株の時に4000株持っていたのですが、あるタイミングで不本意ながら投げ売ってしまった失敗の思い出があります。(今は株式10株→1株への統合があって100単元)

忘れもしない2017年2月16日の午前、突然「午後に経営に関する重大な発表をする」というような何やら微妙な発表があり株価が急落した時がありました。

かなりやばい発表なんじゃないか!?とその時東芝の粉飾問題もあったりしていたため私はビビって252円から保有していた4,000株全部成行で投げ売ってしまったのですが、結局その時の経営に関する重大な発表というのは単に社長交代の発表だったということがわかり、株価は凄い勢いで戻っていき、私はずっと保有していたANAを中途半端な利益で売ってしまった喪失感だけが残りました。因みに売った時の株価は313円で、直後に350円ぐらいまで上がっていったのであの変な発表さえなければ

社長交代ぐらいで(?)紛らわしい発表をした当時のANAの経営姿勢には疑問を感じましたが(当時そう思った人も多かったと思います)、とりあえず株としては配当&年2回優待券をもらえるというのがあり魅力的なため、また優待欲しいなというところで今回100株購入したわけです。

現在の配当利回りと優待

因みに今回購入単価は一株4,019円 になります。ANAの配当は3月末時点での保有株主に対して払われる期末配当だけになりますが、一株当たり70円になるため、100株で5578円(税引き後)なため、配当利回りは約1.4%になります。

私は高配当な株をメインで買っていますが、配当利回りが高くないANAを買った理由としては株主優待にあります。ANAの株主優待として国内路線の航空券が半額になる優待券を3月末と9月末の株主にそれぞれ1枚ずつもらえます。これが大体価値として約5000円程度の価値になるため、2枚だと1万円ほどの配当を追加でもらっていることになります。

配当5,578円 + 優待10,000円 = 15,780円 (15780÷401900 ≒ 3.9%)

というところで利回り約3.9%なら、そこそこな隠れ高配当な銘柄となります。なお、昔はこの優待券が1枚12,000円ぐらいの価値になったときもあったため、結構お得でした。この優待の価値の変動がANAの魅力かもしれません。

業績

四季報によると業績に関しては2019年3月期は増収増益になりそうで、20年度も増収増益予想なので暫くは安心して保有できそうな気がします。ただし利益は横ばいのようなので、株価も横ばいになるかもしれません。仮に3500円ぐらいまで株価が下落するようなことがあれば私は買い増しをすると思います(軍資金があればですが)。

なお、2019年3月の配当・優待を目当てに株を保有する場合は3月26日までに買わないと株主として登録されないので買いたい方はお早めに。



↓どれかクリックで応援を是非ともよろしくおねがいします。
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 株ブログへ


スポンサーリンク

日本株

Posted by rutaso